新着記事

  • 旅行に行ったついでに錦糸町のヘルスに寄ってみました
  • 池袋の激安だけど最悪店!嬢の教育をしっかりせい!

  • 首都圏のデリヘルで二人とも異様なテンションだった話

    首都圏のホテルに泊まった際、なんか急にムラムラしてしまい、深夜の時間帯でしたがデリヘルに連絡しました。なんか申し訳ないなと思いましたが、まあ24時間営業ですからね。首都圏のデリヘルはほとんど24時間営業でえすし。受け付けのスタッフは夜間専門のおじいさんに変わっています。それでもてきぱきと案内してくれるのであなどれないんですよ。お目当ての女の子はいないというか、在席がわからないので、冒険ですけどすぐに来てくれるフリーの女の子にしてもらいます。そしたら一人案内できるってことで、その子にしてもらいます。この時間でフリーで待機しているんですから、ろくなもんじゃないかも・・という思いがよぎりましたが、もう後にはひけませんし、せっかくきてもらうんだしチェンジもできないなと思って腹をくくりました。それでも来てくれたデリヘル嬢は悪くなかったんですよ。というか当たりですね。最近はそんなに外れをつかまされなくなったのは、女の子の入店も厳選しているからかもしれませんね。深夜だったせいか、二人とも何故か異様なテンションで燃え上がりました。首都圏のデリヘルで大満足なプレイタイムを過ごすことが出来ました。

    首都圏オナクラ大好き男のオナクラ考察

    どうも。首都圏オナクラ大好き男です。男の性っていうとちょっと大げさなのかもしれないですけど、自分にとってオナクラっていうのは男の願望が詰まっているサービスなんじゃないかなって思うんですよね。そもそも自慰って隠れながらする事が多いと思うんですよ。でもそれを人に見てもらう。冷静に考えたらやっぱりドキドキさせられるのも無理からぬ話なんじゃないかなって思うんですが、オナクラではそれが当たり前のように行われる訳ですからね。しかもオナクラって結構レベルが高いんですよ。この前指名したすみれなんてどこぞのアイドルなんじゃないかってくらい。そんな綺麗な女の子が自慰を見ているんですよ。興奮しない訳がないっていうか。快感そのものだけで言えば自分でしているのとあまり変わらないのかもしれないですけど、そのシチュエーションのおかげで精神的な快感はかなり高いですね。それもあってか、最近は首都圏で風俗に行こうかなって思うと一番初めに頭をよぎるのはオナクラなんですよね。首都圏には優良店が目白押しですからね。

    首都圏での社員旅行で性感エステに突撃!団体割引もきいてお得でした♪

    会社の社員旅行で首都圏へ行った時の話しです。一次会も終わって仲の良い同僚15人ほどで首都圏のキャバクラに遊びに行きました。二次会もなかなか盛り上がって全員かなりのハイテンションに。さあ三次会はどうしようかとブラブラしていると「団体割引有り!」の看板が目に入りました。しかもそこは性感エステのお店!風俗で団体割引ってなかなか珍しいなあと思っているとなんと部長がすでに店に入ろうとしています。スゴイな、躊躇ない人だなあと思いつつ私も中に。店は結構広くて女の子のパネルも50人分ほど並んでいます。もちろん全員が毎日出勤するわけじゃないでしょうがかなりの規模です。店員さんにすぐ遊べるかどうかを聞くと11人は大丈夫だけど4人は30分ほど待つことになるとのお返事。まあ、それくらいならいいかということで全員60分コース一人あたり9500円をお支払い(団体割引無しだと11000円)。ちなみに私は一番若手ということで最後に回されてしまいました。私のプレイが終わる頃にはもうみんなさっさと宿泊先のホテルに帰ってしまってましたが、翌日は部長以下15人、心なしか顔がツヤッとしてました。首都圏のエステ社員旅行で職場の結束力がまたちょっと上がった気がしました。

    首都圏で人気の風俗情報を探す